病院薬剤師は転職して給料アップを実現させよう!

病院,薬剤師,求人,比較,給料

薬剤師の中でも非常にやりがいのある職種だと言われる病院薬剤師。
医師や看護師、その他の病院スタッフと連携をとりながらチーム医療体制がとられている病院も多く、その中で薬剤師の立場から患者さんの治療に関わります。

 

患者さんやご家族とコミュニケーションをとる場面も多く、病気が治った時には代え難いやりがいを感じる方が多いのではないでしょうか。
また薬局やドラッグストアよりも研修なども多く、最新医療に触れ、キャリアアップする機会にも恵まれています。

 

そんな病院薬剤師の年収は450〜700万円といわれています。経験や病院によってお給料に差が出ているためこのような開きがあります。
病院薬剤師の給料相場は薬局よりも低いのが現状です。ただし仕事内容のやりがい、社会への貢献度、キャリアップの面でメリットを感じている薬剤師さんも多く単純に収入だけでは判断できないといったところです。

だからといってお給料が低くて良いわけではありませんよね。
同じ仕事をしても病院によってもらえる金額が違うのなら、少しでも条件の良い病院に転職すべきです!

 

当サイトでは病院薬剤師のやりがいはそのままに、給料アップを実現させるために転職したい薬剤師さんにおすすめの転職サイトをご紹介します!
気になる病院に求人が出ていない場合でも転職サイトのコンサルタントが病院に直接問合わせてくれる制度(逆指名)もあります!

 

好条件の人気病院は一般に出回ることはまずありません。
薬剤師の転職サイトを通して、高給与、厚待遇の求人を紹介してもらうのが近道です。
登録、利用、すべて無料ですし逆に「転職お祝い金」をプレゼントしてくれる求人サイトもありますからぜひ登録しましょう!

 


病院薬剤師はどんな仕事をするの?

病院,薬剤師,求人,比較,給料

病院薬剤師の仕事内容というのは、病院の規模や専門診療科目の範囲などによって変わってきますが、主に調剤服薬指導の2つに分けられます。

 

通院患者、入院患者に対して処方する薬の調剤業務を薬剤師は行うのですが、これは医師の処方を受けて行うものです。医師の処方箋であっても、検討・改善すべき点があった場合は、すぐに医師に相談をしないといけません。

 

新薬についての知識に加え、薬の効能や副作用など、とにかく幅広い知識が必要となり、ミスのない作業が求められます。薬の量や組み合わせを間違うだけで、大変なことになるかもしれないからです。

 

また、大きな病院になると調剤部が設けられていることがありますが、この場合、薬剤師は患者に対して直接服薬指導をすることがあります。服薬指導は、処方された薬の飲み方を患者に説明することです。

 

きちんと相手が理解できるよう、相手の立場に立って指導をしないといけませんので、丁寧な対応が必要となります。つまり、接客スキルも必要となってくるのです。

 

このほかにも、医薬品の管理といった業務もあります。在庫を管理するだけでなく、必要とあれば発注業務も行います。

 

さらに、患者に打つ注射薬の調剤や消毒液の製剤を行ったり、その医薬品が安全に使えるのかどうか、試験研究をすることも病院薬剤師の仕事です。

 

ちなみに、病院にもよりますが、残業がある職場が圧倒的に多いようです。中には薬剤師であっても当直業務があるところもあります。


病院薬剤師の給料や転職事情は・・・?

病院,薬剤師,求人,比較,給料

病院薬剤師というのは、臨床や医薬品に触れることができるため、企業やドラックストアなどに勤める薬剤師と比べると、まさに薬のスペシャリストとして知識や経験を活かせる仕事です。

 

そのためか、病院薬剤師の離職率というのは高いものではないようです。しかし、夜勤や当直業務もあったり、さらには薬剤師一人が受け持つ患者の数が多いといったこともあり、転職を考える人も少なくないようです。

 

さらに、ほかの業種と比べると年収が低く、また病院によってはせっかくの薬剤師としてのスキルを活かしきれないということもあり、そういったことが転職事情にも関係しているようです。

 

さらに、仕事が忙しいにも関わらず、製薬会社や調剤薬局に勤める薬剤師と比べてもお給料が高いとは言えません。夜勤手当を含めることで年収が高くなるというケースもありますが、忙しいのに割に合わないと考える人もいることでしょう。

 

けれども、公立病院に勤めている場合は公務員扱いになりますから、その場合は長年勤務する場合、年収が800万円を超えることもあります。

 

ちなみに、全国の薬剤師は60パーセントが女性、40パーセントが男性で、女性が多い職業です。そのうち、パート薬剤師の離職率は21パーセントです。これは、女性の場合結婚・出産・子育てのために現場を離れることが多いからでしょう。

 

しかし、子育てがひと段落してから現場復帰する人もたくさんいます。けれども、せっかくパート職員として復帰しても、その雇用形態のせいで組織との関係性が薄くなってしまい、結局また転職を考えてしまうということも少なくないようです。


病院薬剤師転職のためのおすすめ求人サイトはココ!

マイナビ薬剤師

 

ファルマスタッフ

 

リクナビ薬剤師